PAGE TOP

児童発達支援とは

児童発達支援について、療育との違いや事業所の選び方、児童発達支援センターと事業所の概要や具体的な支援内容、自宅での支援に効果的な教材などについて紹介しています。

療育と発達支援はどう違う?

療育と児童発達支援の違い、療育を受けられる場所や具体的な療育の方法について紹介しています。

療育とは、医療行為の有無や障害種別に関わらず、障害のある子どもやその家族を指導、支援するもの。児童発達支援センターや児童発達支援事業所も療育に含まれます。

療育はどんな場所で受けることができるのか、また、具体的な療育の方法、種類にはどんなものがあるのかについても解説。さらに、療育を受けるメリットや療育を反対された場合の対処法などについても紹介しています。

療育と児童発達支援は
どう違う?を読む

児童発達支援事業所の選び方

発達に障害や不安のある子どもに療育を行う児童発達支援事業所の選び方について紹介しています。

児童発達支援は、公的な療育機関だけでなく、民間の事業所でも受けることができます。ただ、数が多いため、何をポイントにして選べばよいか迷うこともあるでしょう。

このサイトでは、児童発達支援通所につなげるための情報収集の仕方をはじめとする事業所の選び方や具体的な療育方法のほか、児童発達支援事業所を選ぶ際の重要なポイントについて説明しています。

児童発達支援事業所の
選び方を読む

児童発達支援センターと
事業所でやれること

児童発達支援センターと児童発達支援事業所の違いや具体的な支援内容について紹介しています。

どちらも障害のある子どもやその家族を支援する施設ですが、センターは療育だけでなく相談や事業所への援助や助言をする地域の中核的な施設。一方、事業所は専ら療育を行う場です。

障害児通所サービスを利用する際に必要な費用や児童発達支援事業所の1日の流れ、児童発達支援を利用することで、子ども、保護者が得られるメリットなどについてまとめています。

児童発達支援センターと事業所で
やれることを読む

児童発達支援事業所での
活動や教材

言葉によるコミュニケーションが苦手な発達障害児の児童発達支援の教材のひとつとして「絵カード」を紹介。絵カードは、ピクトグラムのように誰にとってもあれば便利で助かるものであり、決して特別なものではありません。

発達障害児にとっては、自分や人の気持ちや意思を伝え合うのに有効であるだけでなく、物事の手順を理解できるメリットも。絵カードをどの場面でどのように使用すればどんな効果が得られるのか、また、アプリの活用についても説明しています。

児童発達支援事業所での
活動や教材を読む

児童発達障害の種類や症状

発達障害という言葉は知っていても、具体的にはどのようなものなのかよくわからない方に向けて、児童発達障害の種類や症状について紹介しています。

どのような発達障害があるのか、どのような対応が必要であるのか等についてまとめています。

児童発達障害の種類や症状を読む

取材協力:てらぴぁぽけっと
てらぴぁぽけっと公式ホームページ
“たくさん・小さく・確実”な
段階別セラピー

発達スケールと照らし合わせて、お子様を目標とする位置へ導く児童発達支援事業所「てらぴぁぽけっと」。

2022年3月30日現在、全国で37のエリアに展開中。

応用行動分析(ABA)を用いたセラピーで、将来的に目指す行動に対し、今できることからプログラムを作成していきます。 保護者様との対話にも力を入れている、気軽に話せる相談先として頼れる存在です。

運営会社のオークニ商事株式会社は、放課後等デイサービス「こぱんはうすさくら」も運営しています。

見に行って
みてね